妊娠時に飲んでOKな美容ドリンクってなに?

NO IMAGE

妊娠中は肌荒れが酷いから美容成分を取ろう

妊娠時・授乳中に飲んでも良い美容ドリンクを選抜しました。

栄養ドリンクや美容ドリンクを妊娠時や授乳時に飲むことは、すべてがNGではないのです。
妊娠中は体内の栄養素が不足するので、栄養をサポートするため美容ドリンクを飲むのは大丈夫です。ただし、美容ドリンクにはカフェインやアルコールが含まれている可能性があるので注意が必要です。ただし、調べてみたところほとんどの美容ドリンクには、カフェインやアルコールなどの成分は含まれておりません。

美容ドリンクの成分は妊娠中でも摂取して大丈夫?

さきほど、カフェインやアルコールなどの成分は含まれていないと記載しました。
そのほか、妊娠中には、本来ではからだのエネルギーのために取り入れるべき成分が、大量に取ってはいけない成分になって、医者からも注意されている栄養・食品があります。ここでは、大量に摂取してはいけない栄養などを記載します。

 

妊娠時に大量にとってはいけない成分

水銀(魚)

食物連鎖によって海洋で育ったプランクトンを食べている魚には微量な水銀が含まれています。妊娠中に水銀を大量に摂取した場合、胎児の発達に影響を及ぼすと発表されています。厚生労働省では妊娠時の魚の摂取量を定めて公表しています。例えば、週1回魚1切れ(80g)までと定めています。(魚の種類によってばらつきはありますが、おおよその摂取量です)

ヨウ素

ヨウ素の偏った摂取は、胎児の甲状腺機能に影響を及ぼします。ヨウ素は海藻類、とくにコンブに多く含まれています。コンブなどの海藻類が多く含まれている、スカルプ系(頭皮・毛髪促進)のドリンク剤は飲まない方が無難です。

ビタミンA

ビタミンAは通常時・妊娠時では必要な栄養素です。しかし、妊娠初期に大量摂取すると、胎児のからだの形成に影響を及ぼします。しかし、ビタミンAはからだにとっては必要な栄養素なので、一気に大量には取り入れないように注意が必要です。

蜂蜜

蜂蜜は抗菌力が強い自然由来の食品です。しかし、近年はちみつに含まれているボツリヌス菌が乳児の神経マヒに影響を与えるとの報告がありました。ただし、これは消化作用ができていない乳児に起きる症例で、大人である妊婦には起こらない症例です。また、追加の報告では妊婦がとりいれたボツリヌス菌が胎児に栄養として引き継がれることはありません。妊婦がとりいれてはならない食品として蜂蜜があげられていますが、消化がちゃんとできる妊婦は安心して食べて大丈夫です。
気を付けるときは、出産後、抵抗力や消化酵素がまだ備わっていない乳児に直接はちみつを与えることです。こちらは控えましょう。

 

妊娠時にとってもいい美容成分

葉酸

鉄分

カルシウム

現時点では良いか悪いか不明な美容成分

プラセンタ

妊娠時の害悪が発見されないので中にはプラセンタサプリを摂取している人もいるが、かかりつけの医者に相談するのがベター、と今まで言われてきました。
2019年1月9日にプラセンタエキスの商品を販売している会社に確認したところ、今のところ使用が懸念されているプラセンタとは人(ヒト)由来のプラセンタであり、通常美容ドリンクなどの栄養補助食品で配合されているプラセンタエキスは豚や精度の高い馬プラセンタを使用しているので、問題はないとのこと。また、中国では古くからプラセンタエキスはすでに漢方薬として妊娠時にも飲まれており、問題はとくに発見されてはいないです。
また、プラセンタは体内ではアミノ酸として吸収される。妊娠時には、ある特定のアミノ酸に対してのアレルギーが出る人もいるので、プラセンタの副作用ととらえる人もいる。アミノ酸に対するアレルギーは一時的なものなので、豚・馬プラセンタ本来のアレルギーではないことに注意。

妊娠中・授乳中に飲んでもいい美容ドリンク選抜(電話確認しました)

妊娠中・授乳中に飲んでも体に問題がない美容ドリンクを、電話で確認しました。(お電話での対応が皆さま、素晴らしかったです。これなら、万が一、美容ドリンクを飲むときに気になったことを気軽に相談できますね)

妊娠時・授乳時に飲んでも良い美容ドリンク

ホメバオウ 発酵プラセンタ
気になるプラセンタエキスがたっぷり配合されている商品ですが、商品自体は医薬品ではなく清涼飲料水であり、漢方として処方されてきた馬・豚由来のプラセンタエキスを使用しているので、安心して飲用できる、と電話回答をいただきました。

ピモレ 熟成ヒアルロン酸EX
電話確認にて、ヒアルロン酸について、妊娠時や授乳時に飲んでも問題ないですが、他の薬を併用している場合には、かかりつけの医者に成分を相談してから飲むようにと言われました。ヒアルロン酸を単独で飲む場合には、問題はないそうです。

アルマード Ⅲ型
自然由来の成分を配合しているので、ほかの食品と同じように体内に取り入れても大丈夫だそうです
ミナト製薬 micoco乳酸菌
健康食品なので大丈夫です。さらに、妊娠時に不足しがちになる乳酸菌を取り入れることができるので、お通じに改善や腸内環境をよくする働きがあります。腸内環境がよくなれば、肌荒れの悩みも解消できそうですね。

和漢 白井田七 かめ
黒酢によって不足しているアミノ酸をバランスよく取り入れることができます。授乳時には黒酢や漢方のエキスによって、血の巡りを整える働きがあります。産後に冷え性が気になる方はお試しください。

ラメリア
栄養補助食品なので、妊娠時・授乳時にとくに問題なく飲めます。また、本社スタッフも妊娠時・授乳時に飲んでいましたが、特に問題なく、肌荒れの改善に役立ったそうです。本社の女性スタッフが積極的に試しているのを聞くと安心できますね。

妊娠中に控えるべき美容ドリンク選抜(電話確認しました)

ここまで、大半の美容ドリンクが妊娠中・授乳中に飲んでも問題ないと回答してもらえました。でも中には妊娠時のホルモンなどの影響を考えて控えるようにと言われた商品もあります。
妊娠時・授乳時に飲むのを控えた方がいい美容ドリンク
プラセンリッチ マリンプラセンタ50000
成分は国産の鮭の胎盤から抽出したマリンプラセンタやヒアルロン酸も配合されている商品です。しかも安心の国内製造で、工場内で厳しい検査をクリアーしており、製品自体は本当に安心できる商品となっています。
しかし、妊娠時のホルモンバランスの乱れ、妊娠時にはわずかなアレルギー反応でも敏感に母体は反応してしまいます。
そういった、ほんとうに万が一の影響をふまえて、妊娠時・授乳時には飲用を控えるように、との回答をもらいました。女性の妊娠時の体の変化について、こまかく配慮されておりました。おそらく、開発者のなかに女性スタッフがいて、細かく用後をチェックしていると思われます。
ここまで、購入者のことを思って提供してくれる会社はありがたいですよね。

まとめ

妊娠時・授乳時に飲んでも良い美容ドリンクが思った以上にあって驚きました。たしかに、妊娠中はホルモンが乱れていたり、つわりのせいで偏った食事しかとれない方は肌トラブルが気になるでしょう。
そんなときは、栄養補助食品である美容ドリンクをとりいれて、出産後にきれいなママって言われるようにしたいですね。
さいごに、念のため美容ドリンクの安全性が気になる方は、かかりつけ医師にドリンクの成分を伝えて、いま飲んでいる薬との併合がないかを確認してください。