美容ドリンクと栄養ドリンクの違いを調べてみる

美容ドリンクと栄養ドリンクの違いを調べてみる

栄養ドリンクと美容ドリンク

栄養ドリンクは、肉体疲労の回復を目指して作られた飲料で、体が疲れたときに補うべきアミノ酸や漢方由来のエキスが含まれているのがほとんどです。また、今はコンビニで手軽に買うことができるので、風邪薬と併用して飲まれる人もいます。男性・女性に限らずほとんどの人が滋養強壮の目的で飲まれると思います。

 

美容ドリンクは美肌を目指すために作られた清涼飲料水です。ほとんどの美容ドリンクが食品である清涼飲料水で、医薬品や医薬部外品には当たりません。(医薬品・医薬部外品・清涼飲料水の定義は以下を参照ください)

栄養ドリンクと比較するうえで違う点は、美容ドリンクの成分が美肌のために肌細胞のターンオーバーを促進することを目的に配合されています。なので美容ドリンクの場合ふくまれている主な成分は、成長をうながすアミノ酸、ヒアルロン酸、コラーゲン、プラセンタなど、女性なら一度は聞いたような美肌成分です。

>>ヒアルロン酸にこだわった美容ドリンクはコチラ<<

栄養ドリンクは法律では3種類に分類される

医薬品

ヒトの病気の治療や予防するために使われる薬のことです。医師の処方箋が要らず簡単に買える医薬品も中にはあります。

医薬部外品

医薬品と化粧品の中間的な分類で、ヒトに対する効果・作用がゆるやかなものです。

清涼飲料水(食品)

食品衛生法にもとづく食品の一種。原則としてアルコールを含まれないものです。

 

栄養ドリンクの主成分と効果

栄養ドリンクの主な成分は、からだを興奮させたり覚醒するための成分であるアルコール・カフェイン・糖類と、栄養補給のためのアミノ酸・銅・亜鉛・鉄分が含まれています。

 

栄養ドリンクの効果は滋養強壮・疲労回復が目的です。ただし、カフェインやタウリンの成分によって体が一時的に興奮・覚醒状態になったとしても、その状態が疲労回復だと勘違いするので注意が必要です。

 

栄養ドリンクの健康上のリスク

栄養ドリンクを過剰に摂取することで、心臓や血管に疾患をもたらしたり、糖尿病や脂肪肝へとつながります。

栄養ドリンクには飲みやすくするために多量の糖分が含まれていることが原因です。また漢方エキスを抽出する段階で多量のエタノールを使用しなければならず、そのためアルコールが含まれている商品もあります。

栄養ドリンクは疲労回復のために手軽に飲むことができ、体がだるいときや風邪をひいたときに上手に適量を飲むことで、体調が回復したという経験がある思います。

ただし、飲む量はあくまで「適量」です。

海外では栄養ドリンクのカフェインやタウリンの量が日本より多いため、飲料中毒者の健康被害が報告されています。⇒モンスターエナジーによる多量のカフェイン中毒で14才の少女が死亡

過剰摂取はやめて、最低限の栄養ドリンクだけ飲むようにこころがけましょう。

 

栄養ドリンクでお肌ケアはできないの?

目的が疲労回復であるため、栄養ドリンクをのんだからといって直接肌荒れの改善にはつながりません。ただし、肌荒れの原因が疲労や睡眠不足である場合には、栄養ドリンクを飲んで、体のエナジーチャージをすることで改善される可能性があります。

 

最近は女性が肌荒れやニキビを治すためにコンビニなどで栄養ドリンクを買うこともあります。女性に不足しがちな鉄分やビタミンCに特化した栄養ドリンクも売られています。しかし、鉄分だけ、ビタミンだけを摂取すれば肌荒れは改善するのでしょうか?

 

美容ドリンクの場合、女性のニキビや乾燥などの肌荒れの原因は年齢による体全体の老化ととらえて、細胞の老化を防いだり、からだ本来の美肌成分(ヒアルロン酸やコラーゲンなど)の不足をまんべんなく補うために開発されています。

この点、市販の栄養ドリンクは肌荒れは肉体疲労などの一時的な問題ととらえて開発されています。20代などの女性が寝不足やストレスによる肌荒れで悩んで、手軽に女性用の栄養ドリンクに一時手を出すのはわかります。

でも年齢があがるにつれてお肌の悩みは深刻になり、数が多くなるので、美肌成分がまんべんなく含まれた美容ドリンクを飲む方が効果的です。

まとめ

わたしたちの暮らしのうえで、栄養ドリンクはもっとも手軽な疲労回復のアイテムとなりました。医薬部外品の規制緩和により拍車がかかり、おおくの栄養ドリンクがコンビニに並ぶようになったからです。

手軽に買えるからといって、栄養ドリンクを美容ドリンク代わりに飲むのは間違っています。そもそも、効果の目的が違いますし、配合されている成分が異なるからです。

やはり、美肌にこだわるなら美肌成分がしっかり配合されていて、ノンカフェイン、糖類少な目な美容ドリンクを選ぶことが大切です。

>>ノンカフェインと安全な糖類に注目した美容ドリンク<<